手軽に飲むお酢を摂ろう

効果色々、便利なお酢

お酢はさまざな効果が期待できる調味料の一つです。例えば急激な血糖値の上昇を穏やかにしてくれ、疲労回復にもよく、身体が疲れやすい方には特に摂取するのがお勧めです。また防腐や殺菌効果などもあり、食中毒が多い時期には予防してくれる働きもあります。カルシウムやビタミンCの吸収率をアップさせ、調味料としても使うことができるので、減塩効果も期待できます。もう一つは便秘の予防にもなるということ。料理にお酢を加えるとお酢の細菌作用で、腸内環境を整えてくれます。便秘に困っている方は、料理にお酢を加えることで改善することができるため、ぜひ取り入れてみてほしいです。

食欲落ちたらお酢!

よく料理にお酢を加えるのですが、特に夏の暑い時期はどうしても食欲が落ちてしまいます。なのでさっぱり食べれて、栄養もしっかり摂れたほうがいいですよね。私が普段からよく作っているのが、豚肉とお酢でさっぱりトンテキを良く作っています。酢、醤油、砂糖などで味付けをして鶏の胸肉をやわらかくなるまで煮込みます。特に食べ盛りのお子さんには、この料理ならさっぱり食べれて、なおかつスタミナをつけることができるのでお勧めの料理法の一つです。

お酢のドリンクでリフレッシュ

またお酢はドリンクにして飲むのもお勧めです。朝、時間がなくてちゃんとご飯を作って食べれないという方は、お酢を水で割って飲むのもいいかと思います。手軽な梅とお酢のドリンクも通販にありますが、自分の好みでアレンジするのも楽しいです。また、お酢には野菜の変色を防いでくれる効果があります。なので、味付けのためにお酢を使うのもよし、食材の色を保つなど、お酢にはさまざまな使い方ができます。お酢は加熱しても栄養成分は変わりませんが、酸味が弱まってしまう可能性があるので、さっぱりとした味付けで料理したい方にはあまりお勧めしません。その場合は加熱した後にお酢を加えたほうが、お酢のさっぱりした後味を残すことができます。この記事を読んで気になった方はぜひ参考にしてみてください。