代表的なお酢の種類と使い道について

便利なお酢の紹介

料理に使用するお酢には様々な種類が存在しており、それぞれのお酢に適した使い道があります。今回は代表的なお酢の醸造酢と合わせ酢の種類と使い道について紹介したいと思います。

1・醸造酢
醸造酢とは穀物を原材料に含んでおり、お酢1リットルに対して40グラム以上の穀物を使用しているものになります。醸造酢には米酢・米黒酢・穀物酢等があります。

1-1・米酢
米酢はお酢1リットルに対して40グラム以上の米を使用したお酢で、強い酸味が特徴となります。主にお寿司を作る際に使われる他、酢の物やマリネにも利用されています。

2-2・米黒酢
米黒酢とはお酢1リットルに対して180グラム以上の米や小麦、大麦が使用されているお酢で、酸味が少なくまろやかな味わいが特徴です。主にダイエット目的に飲まれる黒酢も米黒酢の一種で、コクがあることから料理の隠し味として利用されています。

2-3・穀物酢
穀物全般を作って作られるお酢は穀物酢と呼ばれることから米酢や米黒酢も穀物酢ですが、お酢1リットルに対して40グラム以上のブレンドした穀物を使用して作られるお酢も穀物酢と呼ばれています。さっぱりとした味わいで非常に使いやすいのが特徴で、炒め物などにも利用されています。

料理を簡単にする合わせ酢

2・合わせ酢
合わせ酢とは酢に他の調味料を加えたもので、代表的なものとしてお寿司に使われる寿司酢なとがあります。最近では通販でも合わせ酢を販売をするところが多くなってきてます。便利なのもあり、幅広い年齢層に人気です。

2-1・寿司酢
寿司酢は酢・砂糖・塩を合わせて作る合わせ酢で、主にお寿司を作る際に使われます。それぞれの割合はお酢4:砂糖3:塩1となっています。

2-2・甘酢
甘酢は最初に酢・砂糖・塩を合わせて作ります。それをベースにして片栗粉を加えて甘酢餡にしたり、料理に合わせケチャップを混ぜるなどし、主に酢豚や天津飯のタレとして利用されています。

2-3・土佐酢
土佐酢とは酢・だし・醤油・砂糖を混ぜ合わせて、1度煮立たせてから冷まして利用します。海藻や野菜の和え物などに使用されています。

2-4・三杯酢
三杯酢とは同じ分量のお酢・醤油・味醂を合わせたもので、酢の物や漬物などに利用されています。また、同様の酢として二杯酢がありますが、これは同じ分量のお酢・醤油を混ぜ合わせたものになります。