調味料は素材の味を確認してから

自分が家族分の料理を担当するようになって、早3年。一人暮らしの時とは違い、家族の味の好み、健康を考慮して悪戦苦闘する日々が続きました。
最初の頃は調味料は目分量でしたが、それだとどうも毎回味が違います。美味しいけど、何か物足りないなんてことがよくありました。そこで、調味料はレシピ本通りにきっちり計って入れるようにしてみたのです。大さじ小さじ、計量カップを揃え、面倒だなと思いながら毎回せっせと計っていました。
すると驚いたことに、以前よりもっと味の濃い薄いがハッキリ出るようになり、なんだか自分たちの好みとはかけ離れたものになってしまったのです。こんなに手間を掛けたのに・・・とショックでした。
試行錯誤の結果、一番大事なのはまず素材の味を確認することではないかと思い至りました。生の物はまず食べてみて、美味しければほとんど調味料は使いません。煮物などは味を付ける前にまず味見、そして調味料は少なめに入れてしっかり味見をするようにしています。調味料は出来るだけ少なく、素材の味を活かすことが大事ですね。健康のためにも良さそうです。