うどんはだしのうま味で食べる

誰もが好きなものとして、うどんがあります。うどんは、とてもさっぱりとしているので、どんな時でも食べることが出来る料理です。それは、朝の食欲の無い時でも食べることができますね。また病気のときも、消化がいいので胃腸が弱っているときも食べることが出来るとても良い料理です。
そしてそのうどんを美味しくするのは、なんといってもだしです。だしの旨味があるので、うどんを食べた後にだしを全て飲み尽くすということもありますね。それだけ、美味しいだしを使っているうどんが多いです。
うどんのだしは、鰹節や昆布などサッパリ系の味がベストです。そのことから、風邪をひいた時でもさっぱりとした味で食べることができます。
うどんを作る時は、だしと一緒に濃いめにしたい時には醤油、薄目にしたい時には、そのだしのうま味だけでも大丈夫です。特に胃腸が弱っている時には、薄めの味がいいですね。薄味のだしのきいたうどんを食べて、体力をつけましょう。